1. キャパシティプランニング
    1. 性能評価
    2.  システム運用にあたって想定される負荷や要件を考慮し、性能や経済性及び拡張性を考慮してシステム構築計画を立てること。

      1. 性能評価指標
        • レスポンスタイムとターンアラウンドタイム
        •  システムの応答時間を算出するにあたってはユーザーが要求入力を完了した時点から時間が算出される。このため、タスクの処理時間だけでなく実行待ちに要した時間までも応答時間に含める必要がある。

          • レスポンスタイム
          •  要求入力完了から結果出力開始までに要する時間。トランザクション*の応答時間として主に用いられる。通常は伝送時間が含まれない。

          • ターンアラウンドタイム
          •  要求入力開始から結果出力完了までに要する時間。ジョブ*の応答時間として主に用いられる。通常は伝送時間が含まれる。

        • スループット
        •  単位時間当たりのジョブやトランザクションの処理数。通常はジョブやトランザクションの処理時間で単位時間を除算した値がスループットとなるが伝送時間*等でボトルネック*が発生する場合はボトルネックとなる処理の時間で単位時間を除算して求める。

        • TPS(Transactions Per Second)
        •  1秒間に処理できるトランザクション数。

          トランザクションの処理時間 = トランサクションの命令セット数
          MIPS × 106
          TPS = 1
          トランザクションの処理時間

      2. システム利用率と待ち時間
      3.  システムへのリクエストが増えるとシステムの利用率は上がり、結果、レスポンスの待ち時間(他のリクエストが処理終了するまでの待機時間)が増加する。このため応答時間は利用率を考慮して計算する必要がある。利用率をρ(ロー)としたとき、待ち時間と応答時間は以下の式で算出される。

        ρ = トランザクションの処理時間 × 単位時間当たりのトランザクション到着数
        1
        待ち時間 = ρ ×トランザクションの処理時間
        1 - ρ
        応答時間 = 1 ×トランザクションの処理時間
        1 - ρ

    3. ベンチマーク
    4.  システムにテスト用の標準的なプログラムを実行させ、処理結果をもとにシステムの性能を測る手法。通常はいくつかのハードウェアで実行して処理性能を比較する。